酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

公開日: : 美容・健康

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。

甘酒

甘酒には「麹」を使って作ったものと、「酒粕」を使って作ったものがありますが、
どちらも発酵食品で、とても優れた食品です。

麹で作った甘酒は本来は夏の飲み物ですが、酒粕で作った甘酒は、
身体を温める飲み物として寒い地域や冬に飲まれることが多いですよね。

今回は 健康にも美肌にも効果的で、
しかもヨーグルトも作れる、「酒粕」についてのご紹介です。

■酒粕とは

ご存知のように蒸したお米と米麹を発酵させて作った「もろみ」を絞って出来たのが日本酒ですが、
その搾った後の残りが酒粕です。

酒粕

酒粕にはビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、酵母菌、

酵母由来のβ-グルガン、葉酸など美容にも健康にも嬉しい栄養素が一杯です!

 

スポンサードリンク



 

■酒粕の嬉しい効能

(1)スフィンゴ脂質

酒粕には米由来の「スフィンゴ脂質」というセラミドが含まれていますが、
スフィンゴ脂質は、

シミの元となるメラニンを作るチロシナーゼの働きを阻止することが判っている上、
角質層で肌の土台となるコラーゲンやヒアルロン酸を生み、細胞と細胞をつなぎ合わせる
「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」の増殖を促進させ肌の潤いを保つ働きが期待できます。

(2)レジスタントプロテイン

レジスタントプロテインは、消化されにくく腸内で食物繊維と同じ様な働きをするタンパク質です。

酒粕レジスタントプロテインはコレステロール低下作用や
肥満抑制作用等の効果が確認されています。

脂質を吸着させてそのまま体外に排泄させていると考えられていて
悪玉コレステロールを減少させ、血液の流をスムーズにする嬉しい作用があるそうです。

レジスタントプロテインが脂をキャッチしたまま大腸に届くことで、
腸内の動きがスムーズになり又酒粕に含まれる酵母菌などの有用菌と、ダブルで
便秘の改善等腸内環境を整えてくれます。

(3)糖化予防に

糖化とは、食事などによって取り込まれた糖質は、身体の中の消化酵素
「αアミラーゼ」によってブドウ糖に分解され、
小腸から吸収され、血液に入って糖になります。

エネルギー源として代謝されなかった糖は、
体内にあるたんぱく質と結びつき、糖化たんぱく質が生成されて、
体内に蓄積する現象のことです。

糖化たんぱく質は、一度生成されると分解されず、増え続けるという恐ろしい性質を持っています。

体内で糖化が進むとターンオーバーを低下させるため、
肌のごわつきや乾燥・シミが出来やすくなります。
また、髪もたんぱく質でできているため、髪のツヤを失う原因にもなります。

愛媛大学の奥田教授によると、酒粕にはαアミラーゼの作用を弱めて
糖質の分解を抑える物質が含まれているということです。

食事の前に甘酒を飲んだり、料理に酒粕を使うことで糖化を予防出来るそうです!

酒粕を普段から摂るために

■酒粕おすすめレシピ2つ

(1)はちみつ甘酒

はちみつ甘酒

水600ccに酒粕100gを加え、ミキサーなどで撹拌してなめらかにします
(そのまま一晩置いておけば、ホイッパ―で混ぜるだけでなめらかになります)。

火にかけて沸騰したら火を止め、ハチミツをお好みの分量加えます。
さらりとした甘酒が仕上がりがお好みの方は、水の分量を増やして下さい。

(2)酒粕ヨーグルト

酒粕ヨーグルト

酒粕は、植物性乳酸菌を増殖させるため、
豆乳と酒粕を合わせて自家製ヨーグルトを作ることができます。

<材料>

・ 成分無調整豆乳500cc

・酒粕100g

<作り方>

1.保存用の瓶を熱湯消毒しておきます。

2.酒粕と豆乳をミキサーで混ぜ、保存用の瓶に入れ1日1回ビンを振って混ぜます。

3.発酵が始まり、プクプクと泡が立ってヨーグルトのような硬さになったら冷蔵庫で保存します。

夏場なら2日程度、冬場は暖かい部屋で3日程度で完成です。
(ヨーグルトメーカーを使えば1日~2日で完成します)

お好みで、フルーツを加えても美味しいです。

<注意点>

・作ったヨーグルトは、2~3日で食べきってください。

・継ぎ足しはせず、食べ終わったら又新しく作ってください。

健康に美肌に優れものの酒粕をこの冬は上手に使っってみませんか。

 

 

関連記事

荏胡麻

エゴマ油&アマニ油脳卒中・認知症予防に効果あり!

脳卒中や認知症の予防に効果があると期待されているエゴマ油とアマニ油が 注目を集めています。

記事を読む

カビ対策

プロ直伝カビ対策!いつやるの?今でしょ!

いよいよ梅雨突入ですが、梅雨の湿気はホントに不快ですね。 梅雨=湿気=カビ! カビを侮っ

記事を読む

20140505134703

お酒にはビタミンB1の補給を!

新年も一週間を過ぎましたが、新年会とかで まだまだお酒の機会が一杯でグッタリ、なんて事になって

記事を読む

images

蕗に注目!

フキはお好きですか? 子供の頃は少しも美味しいなんて思ったことなかったんですが、 今はあ

記事を読む

DSC_3313

豆乳ヨーグルト 効果と作り方

豆乳ヨーグルト いま理想の健康食として注目が高まっています。 大豆で作られる豆乳を乳酸菌の力で

記事を読む

DSC_0331

「プロバイオティクス」乳酸発酵食品を食べましょう!

乳酸発酵とは乳酸菌が繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作ることです。 乳酸による発酵食品というと

記事を読む

nanohananotaba

菜の花 旬の野菜の栄養価は?

菜の花は初春になるとスーパーにも並び、ひと足早く春の訪れを教えてくれます。 菜の花はアブラナ科

記事を読む

shutterstock_58418101

長生きするには、座らない!?

現代社会において、私たちは一日に何時間も椅子に座り、 デスクワークに追われることが多いですよね

記事を読む

MG_8890

コーヒーを飲む人の免疫調査あれこれ

コーヒーは世界中で嗜好品として親しまれています。 以前はコーヒーはがんのリスクがあるとか、依存

記事を読む

images (21)

免疫力のある身体になるために

免疫力は、人間の体に備わった生体防衛システムです。 私たちの周りには様々な細菌やウイルスが存在

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

futsukayoi
二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕
酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

ベジブロス
「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

エノキタケ
「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

SONY DSC
「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑