ファイトケミカルって?

公開日: : 美容・健康

動物は行きたいところへ行ったり、よりよい環境のところへ移動できますが、

植物は強い紫外線や雨風にさらされてもそこから動けません。

過酷で変化の多い環境で生きていかなければならないので、

動物とは違った自己防衛能力を授かりました。

植物は紫外線や病害虫や動物などから

逃げられないので、身を守るために

植物自ら作り出した色素や香り、辛み、苦みなどを持っています。

そこに含まれる機能性成分がファイトケミカルです。

01b2924b3119a9c23559f97567f5e77d-640x288

これは野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、

アクなどの成分から発見された化学物質です。

抗酸化力があり、健康維持に大きく役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。

鉄がサビるのと同じく、私たち生物も、放っておくとしだいに酸化してしまいます。

そうなんです。身体がサビてしまうんです。

酸化とは物が酸素と結びつくことです。とくに酸化力の強い酸素を活性酸素といい、

これを取り去ること(還元)、すなわち酸化を防ぐ抗酸化力は、

生命を若々しく維持する力として注目を集めています。

酸化は、さまざまな病気や老化の原因とされ、

がんや認知症、生活習慣病とも密接な因果関係があるといわれています。

これらの疾患に対してビタミンやミネラルとともに、

ファイトケミカルを上手に摂り入れることにより、

予防に役立てるのではないかと期待されています。

 

スポンサードリンク

 

良く知られているファイトケミカルは、

赤ワインに含まれていることで話題になったポリフェノール、

世界的に認知された緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、

ニンジンやカボチャなどに含まれるカロテン類などがありますね。

p1040491

現在発見されているファイトケミカルは約1500種類。

ほとんどの植物に含まれ種類も多く、バラエティーに富んでいるんですって。

これからもどんどん研究が進み、私たちの役に立ってくれそうですね。
人間ははファイトケミカルを作り出すことはできませんが、

それらを含んだ野菜や果物を食べることで、

植物の恩恵に授かり、ファイトケミカルを摂り入れることで、

抗酸化力や免疫力をアップさせ、

生活習慣病やアンチエイジングに活用できます。

あざやかな色と香り高い植物性の食品は、視覚や嗅覚からも私たちを楽しませ、

苦みや渋み、辛み成分などは深みのある味わいを生み出します。

植物の有難さをより感じます。

ホントに感謝ですね。

 

 

関連記事

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンって凄いんです!

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンは凄いんですよ。 ポリフェノールの中には、フラボノイドやアン

記事を読む

秋から冬に 身体ポカポカ!腸美人!!ウイルスに負けない!!優れもの食材は?

人体にとって血液サラサラはとっても大切。 これからの寒い季節、血液の流れがスムーズでないと、

記事を読む

栄養失調太りにご用心!

あんまり食べてないのに体重が増えてしまった「え~なんで!」 って思った方も多いのじゃないかしら・・

記事を読む

カルシウムで骨粗しょう症に!?

骨粗しょう症はカルシウムをしっかり取っているのに なることがあるというのをご存知でしたか?

記事を読む

ワーキングメモリの劣化が脳の老化

私達には私たちの脳が持っている「ワーキングメモリー」という機能があります。 ワーキングメモリー

記事を読む

今が旬! 赤と緑のブドウどっちが優れもの?

今が旬の『ブドウ』。 赤い『ブドウ』と緑の『ブドウ』が美味しそうに店頭にも並んでいます。

記事を読む

菜の花 旬の野菜の栄養価は?

菜の花は初春になるとスーパーにも並び、ひと足早く春の訪れを教えてくれます。 菜の花はアブラナ科

記事を読む

脂肪は香りの効果で「燃焼」!

人の嗅覚は、五感の中でも特殊な感覚で、 生理反応に直接結びつく重要な感覚だと言われています。

記事を読む

プロ直伝カビ対策!いつやるの?今でしょ!

いよいよ梅雨突入ですが、梅雨の湿気はホントに不快ですね。 梅雨=湿気=カビ! カビを侮っ

記事を読む

長生きするには、座らない!?

現代社会において、私たちは一日に何時間も椅子に座り、 デスクワークに追われることが多いですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑