「プロバイオティクス」乳酸発酵食品を食べましょう!

公開日: : 美容・健康

乳酸発酵とは乳酸菌が繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作ることです。

乳酸による発酵食品というとヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますね。

最近は、ラクトバチルスG21株(LG21菌)、ラクトバチルス・ジョンソニ株(LC1菌)、

ビフィズス菌ヤクルト株(B.ブレーべ・ヤクルト株)など、

腸内フローラのバランスを改善し、

カラダによい作用をもたらす生きた微生物「プロバイオティクス」を

キャッチフレーズにPRしている乳酸菌飲料や

ヨーグルト等が販売されています。

DSC_0331

 

プロバイオティクスに求められる条件

1、胃酸や胆汁酸などによって消化されずに腸まで届くこと
2、腸内で増殖できること
3、腸内フローラのバランス改善や、腸内の腐敗物質を減らす効果があること
4、抗菌性物質の生産や、病原性を抑制する作用があること
5、食品としても医薬品としても安全性が高いこと
6、単に摂取・飲用できること
7、生産する際に扱いやすく、価格や費用が安いこと

などがあげられます。

TVなどでもよく取り上げられていますね。

 

 

菌を殺してカラダを守るアンチバイオティクス(抗生物質)に対して、

“プロバイオティクス”は、カラダによい菌を増やすことで健康を守ろうとする考え方なんです。

また「プロバイオティクス」とよく似た言葉ですが、

「プレバイオティクス」という言葉も使われています。

これは、「プロバイオティクス」の好物で餌と言えるもの。

例えば、オリゴ糖は、消化されずに腸に届き、

ビフィズス菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にして、悪玉菌を抑えます。

フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖などが商品化され、

特定保健用食品に認可されているものもあります。

 

origotou02
◆日本の伝統食品であるみそ、しょうゆ、漬物,甘酒なども

乳酸や酵素の発酵により作られます。みそ、漬物と言えば、塩分が高く、

食塩の取りすぎは動脈硬化や脳卒中の原因になるということから敬遠されがちでした。

けれど、現在、乳酸菌が健康によいということで、改めて見直されています。

例えばお漬物の場合、野菜が漬かると乳酸菌を生み、発酵を進め風味が増します。

漬物が古くなると酸っぱくなるのはこの乳酸菌のためです。

漬物の塩分は、野菜の腐敗を抑え、有効な乳酸菌を増やしてくれる働きがあります。

さらに野菜に含まれる食物繊維が乳酸菌の餌となって乳酸菌を増やし、

腐敗菌退治に役立つとも言われています。

またぬか漬けの場合、ぬかには1グラム中に1億個以上の乳酸菌がすんでいます。

凄いですね~

さらにビタミンB1やミネラルも含まれ、それを添加してくれるので、

生の野菜を食べるよりも、栄養素がたくさんとれるのです。

知りませんでした!

最近では、醗酵による製法ではなく漬物が簡単に作れる漬物調味液などがありますが、

これは調味液の成分や風味が材料の野菜に浸透するもので、発酵はしないので、

乳酸菌やその他微生物の作用は期待できません。

◆日本の伝統的なお漬物は、地域の特性や名産品を活かしたものが多く、

その中で、京都の伝統的醗酵漬物「すぐき」の中に、「ラブレ乳酸菌」がいることを

インターフェロンの研究では日本の先駆者といわれる

(財)ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士が、

発見し、分離に成功しました。この菌は、乳酸菌の中でも、

特に免疫賦活効果が実証された数少ない存在です。

d0126l

 

「ラブレ乳酸菌」は、ガン予防やC型肝炎、エイズ予防などに

効果的なのではないかと期待されています。

「ラブレ乳酸菌」を摂取し続けると、

人の健康維持に大切なインターフェロンの産生能が向上することが分かりました。

日本生まれの乳酸菌「ラブレ菌」のニュースは、1993年マスコミで大きく報道され、

健康志向の先進国アメリカでも「マジックピクルス」として紹介されました。

お漬物は、日本の深い食文化、発酵文化が育んできたプロバイオティクスだったです。

発酵食品のパワーは凄いですね~

関連記事

心も身体もお肌も夏バテになっていませんか?3つの栄養素で回復させましょ!

お盆も過ぎこの暑さに気力や体力も喪失、おまけに強い日差しで肌も 夏バテになっていませんか?

記事を読む

冷たいものを食べた時のキーンとなる頭痛の対処法は?予防法は?

アイスなど、冷たいものを食べた時にキーンとなる頭痛って 経験された方って沢山いらっしゃるんじゃない

記事を読む

意外なパワー!「なんか風邪っぽい…」ってときに食べるといい5つの食品

寒波!もう冬真っ只中、 風邪やインフルエンザが猛威を振るい始めました。 普段から健康に気

記事を読む

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には「麹」を使って作ったものと、「

記事を読む

今が旬! 赤と緑のブドウどっちが優れもの?

今が旬の『ブドウ』。 赤い『ブドウ』と緑の『ブドウ』が美味しそうに店頭にも並んでいます。

記事を読む

乳酸菌がもてはやされる背景

乳酸菌と言えばヘルシーなイメージですね。 ヨーグルトは乳酸菌を手軽に摂ることが出来ますね。

記事を読む

秋は毛が抜けやすいってホント?

髪は約10万本生えているといわれ、これが平均して5年で生え変わります。 この生まれ変わるのをヘ

記事を読む

明日葉 夏に食べたい体に良い野菜 NO.1獲得!

テレビ朝日の番組「林修の今でしょ!講座」で「夏野菜で夏の悩み対策」 NO.1を獲得した明日葉。

記事を読む

秘められた魅惑の、実力の持ち主胡椒

胡椒は、さまざまな用途や場面で用いることが出来ることから 「スパイスの王様」とも呼ばれているそうで

記事を読む

野菜摂取量の急減と、その効果的な食べ方は・・・

日本人1人あたりの1年間に摂る野菜量が、年々減少しているそうです。 アメリカでは、1991年か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑