日本人だけが持っている腸内細菌!

公開日: : 美容・健康

日本人はずっと海藻を食べる習慣がありましたが、

最近の若い人たちは海藻をあまり食べなくなってるようですね。

110_01

近年の研究で海藻を消化する日本人の腸内だけに存在する細菌が発見され、

美腸食としてますます見直されそうです。

海藻のもつパワーって凄いです。

■日本人だけが持っている腸内細菌!

アメリカの食の権威と言われるマイケル・ポーラン氏の著書

『人間は料理をする・下: 空気と土』によると、

「近年、ブリティッシュコロンビア州の

ビクトリア大学のジャン=ヘンドリック・ヘヘマンが行った研究により、

日本人の腸に一般的に見られる細菌、バクテロイデス・プレビウスは、

海藻を消化する珍しい酵素を作り出すことがわかった。

それは、ほかの地域の人の腸内細菌には見られない形質である。」ということなんです。

また、似たような研究報告がフランスのロスコフ海洋生物研究所からも発表されています。

農林水産省の発表によると若年層の海藻摂取量が年々減ってきているそうですが、

せっかく海藻の栄養を効率的に吸収できるDNAが備わっているので、

美腸や美肌に役立てたいですね。

 

スポンサードリンク

 

■海藻に含まれる栄養とは?

わかめ、昆布、海苔、青のりには、緑黄色野菜よりにβカロテンが含まれています!

また美容液成分でお馴染みのレチノール(ビタミンAの一種)、

増粘多糖類に入るのでネバネバ成分のムチンも豊富。

βカロテンは体内でビタミンAに変わり、

肌細胞や体内の各器官の粘膜を強化をしますし、

ムチンは肌組織のヒアルロン酸量を増やすので、海藻はプルプル肌には欠かせないですよね。

その他にも冷え予防になる鉄分や、さらに美腸効果が望める食物繊維も豊富です。

■海藻を毎日の食事に取り入れよう!

海藻は身近な食材ですが、最近は意識しないと中々摂取できていない気がします。

お料理が面倒でも海藻が摂取できるお惣菜や加工食品も多くあるので、

下のリストを参考に、毎日の食事に取り入れてみませんか。

・海苔

おにぎり、巻きずし、少量パックの海苔を常備してご飯のお供に!

517dadf1

・昆布

目に見えなくてもお味噌汁のお出汁に入っているので、お味噌汁を飲めばOK!

味噌汁はカップ商品もありますが、フリーズドライやレトルトもありますね。

他に根強い人気おやつの酢昆布、昆布入りおにぎりなども。

・わかめ

お味噌汁の具、わかめスープ、海藻サラダ、野菜と海鮮の酢の物などのお惣菜で。

・もずく

1食ずつパッケージされたものが近所のスーパーやコンビニで販売されています。

・青のり

焼きそばやお好み焼きのお供に。

・寒天

あんみつ、寒天ゼリー、豆かんなど。

07062201

スーパーやお店ではよく見かけるので取り入れやすいですよね。

ドライタイプのミックス海藻も、

水ですぐに戻せるので、美肌保存食として便利です。

また和食中心にすると

煮物やお鍋のお出汁に昆布が使われているので、美腸&美肌食に最適!

海藻類の美肌栄養素を吸収するにも、腸内(小腸も含む)で消化酵素が働いてこそ。

毎日の食事に海藻を取り入れて、日本人だけが受ける特権をフルに活用して

大切な栄養素を頂きましょう♪

関連記事

お酒にはビタミンB1の補給を!

新年も一週間を過ぎましたが、新年会とかで まだまだお酒の機会が一杯でグッタリ、なんて事になって

記事を読む

食後のデザートは体に悪影響!?

「食後のデザート」と言えば“フルーツ”って思いますよね。 当たり前に思っていたフルーツの食べ方

記事を読む

「秋バテ」大丈夫ですか?回復するための3つの工夫

すっかり涼しくなった今日この頃ですが、この時期 夏の疲れがたまり、不調を感じやすく「秋バテ」に陥っ

記事を読む

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンって凄いんです!

玉ねぎの皮に多く含まれるケルセチンは凄いんですよ。 ポリフェノールの中には、フラボノイドやアン

記事を読む

長生きするには、座らない!?

現代社会において、私たちは一日に何時間も椅子に座り、 デスクワークに追われることが多いですよね

記事を読む

亜鉛って有害?注目!

かつて亜鉛は有害なミネラルと考えられていましたが、 研究により亜鉛の多くの効果が明らかになり、大変

記事を読む

食後のごろ寝・貧乏ゆすり マナーNGが身体に良いってホントかな!?

小さい頃から食後のごろ寝や貧乏ゆすり はお行儀が悪いから やってはいけませんって言われてきました。

記事を読む

ユーグレナって!?

スーパーやコンビニでミドリムシ(学名・ユーグレナ)入りの 食品や飲料を目にしたことはありますか

記事を読む

冷たいものを食べた時のキーンとなる頭痛の対処法は?予防法は?

アイスなど、冷たいものを食べた時にキーンとなる頭痛って 経験された方って沢山いらっしゃるんじゃない

記事を読む

脂肪は香りの効果で「燃焼」!

人の嗅覚は、五感の中でも特殊な感覚で、 生理反応に直接結びつく重要な感覚だと言われています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑