今が旬! 赤と緑のブドウどっちが優れもの?

公開日: : 美容・健康

今が旬の『ブドウ』。

赤い『ブドウ』と緑の『ブドウ』が美味しそうに店頭にも並んでいます。

『ブドウ』言えばワイン、

ワインと言えばポリフェノール。

でもポリフェノールたっぷりなのは、赤いブドウだけだと思っていませ?

きっと赤いブドウの方が栄養的には優れものって思ってませんか?

でも緑のブドウ、赤いブドウそれぞれに特徴があるようですよ!

img001_2

080818-02

 

■ブドウの主な成分3つ

(1)アントシアニン

アントシアニンは目に良いことで知られていますね。

でもアントシアニンはそれだけではなさそうです。

中部大学津田研究所の研究によれば、アントシアニンには、糖を細胞にスムーズに運び、

血糖値を安定させるサポートになっているそうなんです。

血液中の糖がスムーズに消費されないと、余った糖がタンパク質と結合し

糖化現象を起こし茶褐色の弾力のない細胞を作り、

顏のたるみのやシワを引き起こす原因になることが知られています。
(2)レスベラトロール

今話題のレスベラトロール。強い抗酸化作用を持ち、

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させるポリフェノールです。

細胞の生まれ変わりを助ける作用があるため、

お肌のターンオーバーを促して、健康的な美肌作りもサポートします。

また、シミの元を作るチロシナーゼ、

お肌の土台となるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンを破壊する

酵素の働きを抑える効果もあり、ハリのあるお肌にも欠かせないポリフェノールです。

 

スポンサードリンク

 

(3)カテキン類

渋み成分「カテキン」。緑茶で有名ですが、ブドウの皮にもカテキンが含まれています。

カテキンは、ビタミンEの50倍の抗酸化力で、活性酸素から身体を守ります。

また、カテキンには、脂肪の蓄積を防ぐ効果や脂肪の燃焼を促す効果も認めらています。

皮ごと種ごとミキサーでスムジーにすれば、無駄なく摂れますね。

■目的別に選んで! おいしいブドウ

●“お肌重視”なら「緑のブドウ」

「緑のブドウ」は「赤いブドウ」に比べて、ポリフェノールの含有量が低そうですが、

レスベラトロールは、赤いブドウのナント3倍~12倍も含まれているそうです。

お肌のために食べるなら「ミドリのブドウ」ですね!

●“ボディ重視”なら「赤いブドウ」

赤いブドウには、アントシアニンとカテキンが多く含まれています。

カテキン類は実の部分に多いのですが、アントシアニンは皮の部分に多く含まれるため、

“皮ごと”食べられる赤いブドウがベストチョイス!

ポリフェノールと言えば赤! というイメージがありますが、

緑のブドウのほうが美肌作りに役立つとはビックリです。

今が旬のブドウ、どちらも有難~い果物です。

どれを買うか迷ったら目的別に選んでみてくださいね!

どっちも美味しいけど(^^)

関連記事

食後のごろ寝・貧乏ゆすり マナーNGが身体に良いってホントかな!?

小さい頃から食後のごろ寝や貧乏ゆすり はお行儀が悪いから やってはいけませんって言われてきました。

記事を読む

コーヒーを飲む人の免疫調査あれこれ

コーヒーは世界中で嗜好品として親しまれています。 以前はコーヒーはがんのリスクがあるとか、依存

記事を読む

レンコンの成分 ムチンって?

全国のレンコンの主な生産地は茨城県が約49%, 徳島県が約12% 愛知県が約7%となっています。

記事を読む

ヨーグルトは朝じゃなくって「夜に食べるといい 」って!?

ヨーグルトって朝に食べるといいんだって思ってました。 朝は必ずフルーツとヨーグルトは欠かしませ

記事を読む

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」 は私たちの健康を握る?

「腸は人間の身体の中で最大の免疫器官」と言われたり、 『脳腸相関』と言う言葉があるように、 腸の

記事を読む

豆乳ヨーグルト 効果と作り方

豆乳ヨーグルト いま理想の健康食として注目が高まっています。 大豆で作られる豆乳を乳酸菌の力で

記事を読む

脂肪は香りの効果で「燃焼」!

人の嗅覚は、五感の中でも特殊な感覚で、 生理反応に直接結びつく重要な感覚だと言われています。

記事を読む

「プロバイオティクス」乳酸発酵食品を食べましょう!

乳酸発酵とは乳酸菌が繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作ることです。 乳酸による発酵食品というと

記事を読む

ノロウイルスが変異! 新型ノロウィルスに!予防と対策は?

2014年10月から半年間で国内の患者から採取したウイルスを2000株以上を調べてみた結果、 今ま

記事を読む

秘められた魅惑の、実力の持ち主胡椒

胡椒は、さまざまな用途や場面で用いることが出来ることから 「スパイスの王様」とも呼ばれているそうで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑