蕗に注目!

公開日: : 美容・健康

フキはお好きですか?

子供の頃は少しも美味しいなんて思ったことなかったんですが、

今はあの独特の香りやほろ苦さ,シャキシャキとした食感が大好きになりました。

大人になったんでしょうね(^^)

フキは春の訪れを感じさせてくれる山菜の一つですね。

fuki5

フキは、キク科フキ属の植物で、数少ない日本原産の野菜です。

初春になると、雪に覆われた凍てつく大地に顔をのぞかせる

フキノトウ(フキの蕾)から始まり、春から夏にかけてフキの茎、葉が楽しめます。

images

今、フキに含まれている成分が注目されています。

フキは漢方や民間療法では、フキノトウ(花茎)や葉に薬効があり、

健胃、咳止め、虫刺され、毒消しなどに効くと伝えられています。

栄養面から見ると、フキノトウは、カリウムや鉄分、亜鉛などのミネラル、

β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンEなども含んでいますが、

フキ(葉柄)は、カリウムや銅、食物繊維などを含みますが、

五大栄養素の栄養価はそんなに高くありません。

 

スポンサードリンク

 

最近注目されているのは、やはり苦みや香り、

アクの成分であるファイトケミカルなんです。

フキには、クロロゲン酸、クエルセチン、ケンフェロール、フキノンなどの

ポリフェノール類が多く含まれます。

これらの成分は、動脈硬化やがん、アレルギー症状などを引き起こすといわれる

活性酸素を除去する抗酸化作用が注目されています。

特に花粉症については、2002年に西洋フキの香り成分が

花粉症等のアレルギー性鼻炎を緩和するという報告があり、

サプリメントが注目されていましたが、

日本のフキについても、オリザ油化株式会社がJA あいち知多や

京都薬科大学の協力のもと愛知フキの抽出エキスに

抗アレルギー活性成分があることを見つけました。

もちろんこうした報告はフキに含まれている特定の成分を

抽出したエキスについてなので、、

食べ物としてのフキを食べさえすれば

花粉症やアレルギー症状が治るという訳ではありませんが、

やはり嬉しい報告ですね。

折角の春の恵み美味しくいただきたいものです。

アクは抜きつつ風味は活かしておいしくいただく

茹でてパック詰めされたフキは年中で出回っていますが、

やはりフレッシュの方が風味、歯触りも楽しめます。

hukimiso-image

又、旬なものはそれだけでエネルギーを頂ける気がします。

もちろんアクが強いと食べ難いですし、

有効成分が含まれているからといってアクが多すぎれば毒にもなります。

適度に風味を活かしつつ、食べやすく下処理して

おいしく食べることが基本だと思います。

フキのアク抜きは、フキが鍋に入る長さに切り、

まな板の上で、塩をまぶして板ずりしてからさっと茹でて、

冷水にさらして皮をむき、しばらく水にさらします。

上品に青煮に仕上げたい時は、一度だしで煮たててから煮汁から引き上げて、

ザルの上で手早く冷まし,冷めた煮汁に戻して数時間漬けておくと、

色が鮮やかな緑に仕上がります。

スーパーなどでお買い物すると、フキの葉は、

切り落として売られていたりしますが、葉も

一度茹でると、食べやすくなるので、佃煮にしたり、ふりかけにしたりして

春の恵みをできるだけ丸ごと食べて楽しみたいですね。

関連記事

明日葉 夏に食べたい体に良い野菜 NO.1獲得!

テレビ朝日の番組「林修の今でしょ!講座」で「夏野菜で夏の悩み対策」 NO.1を獲得した明日葉。

記事を読む

秘められた魅惑の、実力の持ち主胡椒

胡椒は、さまざまな用途や場面で用いることが出来ることから 「スパイスの王様」とも呼ばれているそうで

記事を読む

食後のデザートは体に悪影響!?

「食後のデザート」と言えば“フルーツ”って思いますよね。 当たり前に思っていたフルーツの食べ方

記事を読む

寒い季節に恋しいココアに嬉しい成分

ココアの原料となるのは、チョコレートと同じカカオ豆ですが、 西アフリカや東南アジアが産地です。

記事を読む

食後のごろ寝・貧乏ゆすり マナーNGが身体に良いってホントかな!?

小さい頃から食後のごろ寝や貧乏ゆすり はお行儀が悪いから やってはいけませんって言われてきました。

記事を読む

日本人だけが持っている腸内細菌!

日本人はずっと海藻を食べる習慣がありましたが、 最近の若い人たちは海藻をあまり食べなくなってる

記事を読む

「朝30秒の正座」で驚きの腰痛効果!

二週間ほど前から腰が痛くって、それがだんだんひどくなってきました。 整形外科で診断して頂き、腰

記事を読む

ワーキングメモリの劣化が脳の老化

私達には私たちの脳が持っている「ワーキングメモリー」という機能があります。 ワーキングメモリー

記事を読む

野菜摂取量の急減と、その効果的な食べ方は・・・

日本人1人あたりの1年間に摂る野菜量が、年々減少しているそうです。 アメリカでは、1991年か

記事を読む

世界が認めた”身体にいいフルーツは?

毎日の食べ物によって私たちの身体は、出来ています。 私たちの身体は正直で食べる物によって、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑