「カンタン生活習慣」でがんリスクを下げる

公開日: : 美容・健康

私たちは普段は意識しなくても、いったん病気になると、

健康でいることの大切さをヒシヒシと実感します。

誰もいつなんどき何が起きるか分からない世の中なので、

先のことなど考えても仕方ないと思う部分は有りますが、

やはり気を付けるべきことが分かっていれば、実行すべきじゃないかと思います。

例えばまだ完全な治療法が見つかっていない“がん”を未然に防ぐ方法が

少しでもわかっているなら実行したいと思うのですが・・・

ということで、今日は英語圏の生活系雑誌『Reader’s Digest』の記事を参考に、

がんリスクを下げるとされる生活習慣のご紹介です。

■1:毎日30分エクササイズ

1204192top

今まで行われた数々の研究の結果、毎日30~40分ウォーキングなど

体と心を軽くしてくれる簡単なエクササイズをすることは

身体の外側だけでなく内側にもいいことばかりで、

乳がんやすい臓がんになるリスクが劇的に減少するとのことです。

■2:加糖飲料を飲むのをやめる

1268152172_photo

「水分補給しなきゃ」といいつつ、たっぷり加糖されたソーダ飲料やジュースなどを

飲むのは水分補給というより砂糖を食べているようなもの。

ミネソタ大学の研究によると、このような加糖飲料は、

肥満や糖尿病など成人病の原因は勿論のこと、

女性の“子宮体がん”の原因にもなるそうです。

早速加糖飲料を飲むのはやめま~す。

 

スポンサードリンク

 

■3:座る時間を減らす

以前もお伝えしましたが、座りっぱなしはやはり良くないようです。

研究によると、1日のうち座っている時間が長い人は、

結腸がんや子宮体がんになる可能性が24%も高かったということです。

仕事中は仕方なくても、なるべく定期的に立ち上がりましょう。

家に帰ってもこまめに動きましょうね。

これからは「電車で座れなくてツライ……」じゃなくて「有難~い」と思いましょう。

■4:日光を浴びる

afdc96d5e54cdb61b06d44ae9e5e1253

“ビタミンD”は、体内の細胞同士のコミュニケーションを助け、

メンテナンスをして、がん予防の大事な働きをしてくれるそうです。

研究によると、体内のビタミンDは90%が食べ物やサプリでなく、

太陽の光から生成されるそうなんです。

ビタミンDは、がん細胞の繁殖を予防する働きもあるそうです。

自然の力は凄いですね。

紫外線対策は必要ですが、1日15~30分程度は太陽の光を浴びるのがいいそうです。

紫外線を悪者扱いばかりしてはダメなんですね。

■5:がんを予防する食品を摂取

thumb_300_is_w300_h400_ph01

記事によると、ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の野菜は腎臓がん、

ナッツ類やニンニクは結腸を始めあらゆる種類のがんを、

アーティチョークは皮膚がんなどを予防する効果を持つそうです。

がん予防に効果のある食品を調べ、積極的に食生活に取り入れたいですね。

■6:ワインやビールを1日1杯程度飲む

5a5a508a

飲みすぎは勿論NGですが、適量のお酒は“百薬の長”。

ヤッパリそうなんだ(^^)

アルコールは、胃潰瘍や胃がんなど、胃病の原因となる

ピロリ菌の繁殖を予防してくれるそうです。アルコール消毒ね(笑)

北アイルランドのクイーンズ大学ベルファストによると、

週にグラス3~6杯程度のワインや2杯程度のビールを飲むことで、この悪玉菌から体を守れるとか。

でもこれ以上飲む習慣をつけると、

今度は反対に肝臓や咽喉、乳がんなどの原因となりそうなので気を付けましょう!

以上、毎日の生活の中で簡単に実行できるものばかりです。

これで“がんのリスク”を下げる事が出来るならぜひ実行したいと思います。

皆さんもご家族のためにもご自分のためにもぜひ実行してみてくださいね!

 

 

関連記事

ミルク酢

ミルク酢って何?何に使うの?

TBSの朝の情報番組「白熱ライブ・ビビット 名医の予防ごはん」で、 ミルク酢が紹介され、とっても話

記事を読む

荏胡麻

エゴマ油&アマニ油脳卒中・認知症予防に効果あり!

脳卒中や認知症の予防に効果があると期待されているエゴマ油とアマニ油が 注目を集めています。

記事を読む

MG_8890

コーヒーを飲む人の免疫調査あれこれ

コーヒーは世界中で嗜好品として親しまれています。 以前はコーヒーはがんのリスクがあるとか、依存

記事を読む

夏バテ1

心も身体もお肌も夏バテになっていませんか?3つの栄養素で回復させましょ!

お盆も過ぎこの暑さに気力や体力も喪失、おまけに強い日差しで肌も 夏バテになっていませんか?

記事を読む

140218eggs

こんなに身近に!最強のアンチエイジングフード

最近、頓に目の前をちらつくアンチエイジングの文字。 このコスメじゃなくもっとリッチなものにしな

記事を読む

c725425e960e845d7c53ba3b3465f9bd

寒い季節に恋しいココアに嬉しい成分

ココアの原料となるのは、チョコレートと同じカカオ豆ですが、 西アフリカや東南アジアが産地です。

記事を読む

ca-mg

カルシウムで骨粗しょう症に!?

骨粗しょう症はカルシウムをしっかり取っているのに なることがあるというのをご存知でしたか?

記事を読む

xl2VmUJ19TkXYauz

「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」 は私たちの健康を握る?

「腸は人間の身体の中で最大の免疫器官」と言われたり、 『脳腸相関』と言う言葉があるように、 腸の

記事を読む

images

蕗に注目!

フキはお好きですか? 子供の頃は少しも美味しいなんて思ったことなかったんですが、 今はあ

記事を読む

a0006_000037_m

みかんの白いすじの秘密

冬の果物と言えばみかん。日本の冬にみかんは欠かせない果物ですね。 年末年始にたっぷりみかんづけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

futsukayoi
二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕
酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

ベジブロス
「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

エノキタケ
「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

SONY DSC
「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑