こんなに身近に!最強のアンチエイジングフード

公開日: : 最終更新日:2014/11/20 美容・健康

最近、頓に目の前をちらつくアンチエイジングの文字。

このコスメじゃなくもっとリッチなものにしないとダメかなとか、

やっぱりサプリメントを摂らないとダメかなとか

心が揺らぎます(笑)

でも、「日々の食事で十分ケアできます」

と心強く言い放って下さる博士がいます!

アンチエイジング博士として知られるオーガスト・ハーゲスハイマー氏です。

博士の著書『卵は最高のアンチエイジングフード』(三空出版)によると、

その秘訣は、なんと「卵」にありました。

卵は最高のアンチエイジングフードだそうです。

140218eggs

へ~卵ね~

卵はいいとは思うけど、やっぱりコレステロールが・・・

って思い、最近ではあまり食べないようにしていたんですが・・・

卵がアンチエイジングに適している理由は、栄養素の多彩さだそうです。

卵は完全食品と言われますものね。

人間のカラダに必要な約44種類の栄養素のなかで

ビタミンCと食物繊維以外はすべて含んでいるという、スゴイ食材だそうです。

栄養素はカラダのなかでソロ活動をするわけではなく、

いくつかの種類が一緒になってはたらいています。

 

スポンサードリンク

 

たとえば美肌になるためには、

たんぱく質と鉄とビタミンCが材料となりコラーゲンとなって

モチッとした肌作りに貢献するそうですし、

エネルギーを燃焼させるためには、

ビタミンB1やB2、B6、ナイアシン、パントテン酸などがはたらいたり……。

こうした活動のなかでひとつでも栄養素が欠けると、

目的を果たすことは難しくなります。

そのため、サプリなどでひとつの栄養素をたくさんとることよりも、

卵でいちどに多種類の栄養素を摂るほうがずっと効率的というわけなんですね。

又、栄養が「濃い」ものを摂ることで、

空腹のサインを出すホルモン・グレリン、PYY-36の働きを

おさえられるので空腹感で苦しめられなくていいですし、

美肌作りに貢献するコリン、ルテインを含むなど、

スリムやキレイを応援するパワーも凄い!

卵の糖質は少量なので、摂りすぎることで老化を進めるということもありません。

とはいえ、コレステロール値を上げるというイメージはどうなんでしょうか。

でもその根拠とは、ウサギに卵を食べさせたところ、

血中コレステロール値が上がったというもの。

ウサギは草食動物なのに対し人間は雑食であるため、

結果がそのまま人間に当てはまるとは言いがたいそうです。

それにコレステロール自体、8割は人間の体内で作られるもの。

食事が影響するのは2割にすぎません。

健康な人は食事で摂りすぎたとしても

一定量をキープできるよう調整するしくみが備わっています。

卵ともっと仲良しになることこそアンチエイジングの近道。

レシピが多彩なのもうれしいですよね。

こんなに身近にアンチエイジングの食材があったなんて。

これからは積極的に堂々と卵を頂きたいと思います。

 

 

 

関連記事

脂肪は香りの効果で「燃焼」!

人の嗅覚は、五感の中でも特殊な感覚で、 生理反応に直接結びつく重要な感覚だと言われています。

記事を読む

食後のごろ寝・貧乏ゆすり マナーNGが身体に良いってホントかな!?

小さい頃から食後のごろ寝や貧乏ゆすり はお行儀が悪いから やってはいけませんって言われてきました。

記事を読む

「朝30秒の正座」で驚きの腰痛効果!

二週間ほど前から腰が痛くって、それがだんだんひどくなってきました。 整形外科で診断して頂き、腰

記事を読む

“骨粗しょう症”への対策

健康寿命を延ばし、最期までしっかりと自分の足で歩けるようにするためには、 “骨粗しょう

記事を読む

世界が認めた”身体にいいフルーツは?

毎日の食べ物によって私たちの身体は、出来ています。 私たちの身体は正直で食べる物によって、

記事を読む

寒い季節に恋しいココアに嬉しい成分

ココアの原料となるのは、チョコレートと同じカカオ豆ですが、 西アフリカや東南アジアが産地です。

記事を読む

秋から冬に 身体ポカポカ!腸美人!!ウイルスに負けない!!優れもの食材は?

人体にとって血液サラサラはとっても大切。 これからの寒い季節、血液の流れがスムーズでないと、

記事を読む

1日1個の梅干しは塩分の摂りすぎ?熱中症対策には?

「梅干しは医者いらず」という言葉もあるように、昔ながらの梅干しには 様々な効用があると言いますね。

記事を読む

日本人だけが持っている腸内細菌!

日本人はずっと海藻を食べる習慣がありましたが、 最近の若い人たちは海藻をあまり食べなくなってる

記事を読む

野菜摂取量の急減と、その効果的な食べ方は・・・

日本人1人あたりの1年間に摂る野菜量が、年々減少しているそうです。 アメリカでは、1991年か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

二日酔い対策 先ずはこれ!そして次は・・・!

新年早々、二日酔いで苦しんでる方もいらっしゃるかもしれません・・・

酒粕 健康にも美肌にも しかもヨーグルト作りも

あちこちで甘酒の字が目につく季節になりました。 甘酒には

「べジブロス」って知ってる?野菜のゴミが健康にいいって!

「ベジブロス」とは英語のベジタブル(野菜)とブロス(だし)を 合わせ

「エノキタケ」って身体にいいはずなのに・・・毒があって危険?

エノキタケは、旨味成分が多く、お出汁がいらないくらい お料理に入れる

「紅茶ティーバッグの再利用法3つ」ティーバッグは1回使うだけじゃ勿体ない!

肌寒くなってきましたね。温かい飲み物が有難い季節になりましたが、 あ

→もっと見る

  • スポンサードリンク
PAGE TOP ↑